あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
インド戦は公式戦だけれど、、
本日、日産スタジアムで行われるインド戦はアジアカップ最終予選、つまり公式戦だ。しかし相手のレベルを考えれば、勝敗ではなく、W杯出場23人枠へ向けてのアピールの場ということになるか?公式戦故に交替枠は3、ドイツ遠征(ボスニア戦)に行けるか微妙な選手達が使ってもらえるのか?問題だ(苦笑)。どうやら長谷部はサイドハーフとしてチャンスを与えられそうだが。

指揮官は小野に絶大なる信頼をおいている、攻撃的MFがだめなら2.5列目、、(それでも駄目ならサイド?)と、どこかのポジションで使いたいようだ。小笠原にしても「俊輔と並べるなら彼」というところまで信頼している(2トップ下がひとりならベンチ要員だが、23人枠からは外れまい)。そこに中田英寿、稲本潤一、松井大輔、そして何故か信頼の厚い中田浩二という欧州組が加わる。福西が外れることは考えにくい、、そうなればポジションバランスからいっても中盤は遠藤と長谷部(本来彼は今野泰幸の代替召集だった)、それから阿部勇樹の争い、、となる。

そして柳沢の鹿島復帰で混沌とするFW陣。タイプの似ている佐藤寿人(彼は玉田か田中達也の替わりに召集された)が遠征に参加するには、与えられる短時間にハットトリックでもしなければ無理か?今回は4-4-2のシステムでスタートするようだ。目的がボランチを含めた攻撃陣の見極めにあることは間違いない。これは願望に過ぎないが、佐藤寿人を2シャドーの一角(小笠原とともに)で使うオプションも試して欲しい。彼にはFWだけでなく前回大会の森島(C大阪)のような働きも期待出来る。
スポンサーサイト
- | 11:24 | - | - | pookmark