あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
コンフェデレーションズカップ決勝「USA代表vsブラジル代表」、、、世界を驚かせる!
JUGEMテーマ:サッカー

【ど素人の日本代表コラム】
コンフェデ杯決勝「アメリカ代表vsブラジル代表」をTV観戦しました(2-3)。
前半はアメリカ(以後USA)、後半はブラジルという展開になりました。ブラジルは余裕をかましていたのか?スロースターター故、気持ちの部分で受けてしまったのか?アーリークロスから、カウンターから、それぞれ失点を喫しました。

USAの「強者」に対する徹底した戦い方(守ってカウンター、少ないチャンスを確実に決める!)に、「そうだよ、これしか方法は無いんだよ」と、頷きながら、わたしはTV画面をみていました。それにしてもドノバン、、効いていましたね!

---------------------------------------------

日本代表に、この戦術を導入するのは無理でしょう。欧州で活躍するFWを、(高さ、速さ、強さで)止め続けられるDF&DHがいませんからね(まぁ結局は、USAも出来ませんでしたが・・)。日本がやれるとしたら、フォアチェック&ショートカウンター。とは言え、これを目標に掲げ闘った過去2世代の五輪代表は、ことごとく世界の壁にはね返されました(苦笑)。

---------------------------------------------

さてブラジルは、後半早々に1点を返し、何度もアメリカDF陣に脅威を与え続けました。ところが2-1となってからのUSAの粘りもまた、見事でした。必死にゴール前を守る選手たち。ボールを受けたら迷い無く前に仕掛ける選手たち、、。ドノバンにもう少しスタミナがあれば、彼をサポートする選手がいれば、、(タラレバは禁物ながら)そう思わずにはいられませんでした。

そういや、アドゥという選手はどうなったのでしょう?14歳でプロデビューし、ドノバン以上に将来を嘱望されていた記憶があるのですが、、、。いま20歳くらいでしょうか?A代表の経験は、まだ無いのかもしれません(ある情報によれば2006W杯前に一度招集された経験があるらしいです)。

地力に勝るブラジル。カカのドリブル突破からルイス・ファビアーノが同点弾。エラーノのCKからルシオが逆転弾!ついに勝ち越しに成功しました。まぁブラジルの攻撃力をもってすれば、45分で3得点、、、そう難しいミッションではないのかもしれませんね。試合巧者のブラジルが、このまま試合をクローズ。2大会連続優勝が決まりました。流石というべきでしょう。

しかしUSAは「世界を驚かした」と思います。予選リーグをギリギリで勝ち上がったチームは、準決勝で無敵艦隊スペインの無敗記録を終わらせ、決勝で王国ブラジルを(前半で)2-0に追い込みました。こういう試合を見せてくれたら、「W杯でベスト4を目指す」と言われても、信じてついて行く事が出来るでしょうね(笑)。

【ショップルー通販ナビ】アメリカ代表・ユニフォーム&ファングッズ
【ショップルー通販ナビ】ブラジル代表・ユニフォーム&ファングッズ

スポンサーサイト
- | 14:07 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。