あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
UEFAチャンピオンズリーグ第1節「マルセイユvsACミラン」、、、インザーギが欲しい!
JUGEMテーマ:欧州サッカー

【ど素人の日本代表コラム】
UEFAチャンピオンズリーグ第1節「マルセイユvsACミラン」をTV観戦しました(1-2)。
デシャン監督率いるマルセイユが、ホームにレオナルド監督率いるACミランを迎えた一戦。90分を通じて優勢に進めていたマルセイユですが、フィリッポ・インザーギの2発で沈められました。ミランにチャンスらしい場面は、ほとんどなく(ポゼッションはしていましたが、、)完全にマルセイユペースの試合だったと思います。

サッカーを内容勝負、そして数字だけで観るなら、圧倒的にマルセイユの勝利でした。解説者も語っておりましたが、同組のレアル・マドリーとも良い闘いができるのでは?、、私もマルセイユのバランスの良さには感心させられました。攻撃陣の破壊力もありますし、、、。しかし勝利したのはACミラン。内容では圧倒されましたが、勝負強さが光りました。

ACミランの闘い方には、日本代表も見習うべきところがあります。
お世辞にも強いとは言えないDF陣を抱え、攻められながらも勝利する。その極意は抜群の「決定力」にありました。36歳を迎えるインザーギの、2発。1本目はセードルフがピンポイントのパスを送り、流し込んだもの。2本目はバックステップで相手守備陣のマークを外し、押込みました。

日本にインザーギほどの得点力を持つFWはいませんが、近い選手は佐藤寿人(広島)でしょう。岡田監督が寿人を招集しない理由は、「自分が考えるサッカーと違うから」なのだと思います。しかし、圧倒的に攻め込まれることが予想される本大会で、得点できるとしたら、(インザーギのような)寿人なのでは?と思うのです。中盤の俊輔、憲剛、遠藤あたりからボールを引き出せる、、。

勿論、インザーギほどの経験は無いです。しかしタイプとしては、似ています。
欧州CLを観ながら日本代表を思う、、、嫌な「性」ですね(苦笑)。

【ショップルー通販ナビ】マルセイユ・レプリカユニフォーム&ファングッズ
【ショップルー通販ナビ】ACミラン・レプリカユニフォーム&ファングッズ

スポンサーサイト
- | 21:06 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。