あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
高校サッカー選手権準決勝「矢板中央vs山梨学院大附属」

【ど素人の日本代表コラム】
高校サッカー選手権準決勝「矢板中央vs山梨学院大附属」をTV観戦(0-2)。
堅守を武器に勝ち上がった矢板中央(以後矢板)と、U-18日本代表候補MF7碓井鉄平を中心にした攻撃が魅力の山梨学院大附属(以後山梨)。好対照のチームの対戦となりました。試合は矢板のプレッシングが素早く、山梨は、中盤でボールを持てない時間帯が続きました。7碓井がボールを散らし、矢板の守備網を突破しようと試みますが、すぐに囲まれボールを奪われました。

しかし矢板の問題点は、ボールを奪ってからの攻撃が単調だった事。長身FW10中田充樹に入れるシンプルな攻撃は効果的でしたが、支配しているのにシュートまで行けない、ある意味、最悪のリズムだったと思います。山梨は前半34分、7碓井のサイドチェンジを起点に、矢板の守備網を突破しました。攻め上がった7碓井が、強烈なシュート!セカンドボールに反応した9鈴木峻太が、守備陣を前にしながらシュートを決めました。0-1、山梨のリードで前半を終えます。

1失点は織り込み済みと、後半勝負の矢板。
これまで後半に得点を奪い、勝ち上がってきたチームは、自分たちでボールを回し攻撃し始めました。ただこれが、矢板にとって良かったのか?は微妙です。攻撃に厚みが加わりチャンスは増えました。惜しいクロスバーを叩くヘディングシュートもありました。しかし決まらない。前がかりになった分、中盤のスペースが開き、山梨のカウンターを喰らう回数が増えました。そして2点目を献上する事に。

後半40分、山梨はFW10伊東拓弥が前線でキープし、走り込んだ7碓井がシュートを決めました。これで勝敗は決しました。7碓井鉄平、8平塚拓真、途中出場の(本来のエースFW、今大会では怪我開けでスーパーサブ)11加部未蘭は、ともにFC東京U-15むさし出身で、U-18日本代表経験者。コレクティブなサッカーが主流となっている現代サッカーにおいても、「個の力」は重要です。FC東京ユースはクラブユース選手権を制しています。7碓井は、ユースに上がらず、あえて山梨を選んだそうです。山梨学院大附属高校。選手権での実績は無いにしろ、決勝を戦うに相応しいチームです。

矢板では2年生FW10中田充樹に注目です。189僂箸いδ洪箸覆ら、足元がしっかりしており、前線で起点になれます。ヘッドが意外に苦手との事ですが、彼の様な長身FWを大切に育てていく必要がありますね。

※この試合について書いているブログを見つけました。
でも、さして印象に残らなかったという感想、、、だったらわざわざブログに書くな!といいたいですね(苦笑)。書きたいから書くという本筋から外れているブログが、やたら多い現状に、疑問を持っている私です。プロのコラムニストじゃないんだから、書きたくないような試合なら、触れなきゃいいのに・・。

[サッカーショップ加茂]第88回全国高校サッカー選手権大会グッズ

(第88回高校サッカー選手権関連グッズはバナーをクリック!)

スポンサーサイト
- | 17:55 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。