あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
高校サッカー決勝「山梨学院大付vs青森山田」

【ど素人の日本代表コラム】
高校サッカー決勝「山梨学院大付vs青森山田」をTV観戦(1-0)。
ムービングフットボール(人もボールも動く)を標榜する、似たもの同士の対戦となりました。しかし(この試合に関して)違っていたのはプレスの厳しさと、奪ってからシュートに持ち込む迄のスピードだったと思います。印象としては、青森山田(以後青森)の選手の方がスキルは高い。しかし90分走りきる山梨学院附属(以後山梨)の凄さみたいなものを感じました。特にFWの裏を取るスピード、これは素晴らしいものがありました。

山梨が序盤に挙げた得点を死守し、勝利を収めたわけですが、両チームとも(終盤を除き)変な「蹴り合い」の無い面白いサッカーを見せてくれました。負けたくない気持ちが強すぎて蹴り合いとなり、「凡戦」になる事って、よくあります。しかし「夢の国立」、決勝の舞台で両チームとも、自分たちのサッカーを披露できたのでは?と思います。そして守備陣が身体を張ってゴールマウスを死守していましたね。

超高校級と言われる選手を擁するチームが勝てなかった。中学時代をクラブユースで過した選手を多く抱えるチームが勝った。これって昨年と同じ図式ですね。昨年は大迫(現鹿島)のいた鹿児島城西が勝てず、広島ジュニアユース出身の選手を揃えた広島皆実が優勝しました。来季、Jリーグでプレーするのでは?と言われる柴崎を擁する青森、FC東京U-15出身の選手が多い山梨。偶然でしょうが、面白い結果です。10回闘ってどっちが優勢かは?解りません(恐らく青森でしょう)、ただこの試合は、山梨の勝利に終わりました。

試合のトレースは止めておきます。多くの方が実際に(試合を)観ているでしょうし、何分に何があったというのは、ご覧になった方からすれば、邪魔な文章が続くだけですから(苦笑)。そこで、代表スカウティングを目的としたブログらしく、青森の柴崎岳と、山梨の加部未蘭について書きたいと思います。両チームの7番、椎名伸志(青森)、碓井鉄平(山梨)も、良い選手ですが、、、。

まず柴崎岳(青森山田)。
ボランチの選手ですが、守備は苦手のようです。ボールを捌いて、ゴール前に走るプレースタイル。従って途中で(味方がボールを)奪われると、実力が発揮出来ません。決勝戦は、その典型だったかな?と思います。視野が広く、精度の高いパスを供給するという点では、中村憲剛(川崎)に近い選手ですね。ただシュートとパスの判断が、まだまだ遅い。しかしシュート意識が希薄で、パスばかり・・という選手ではありません。伸びしろは十分にあり、U-18代表での活躍が期待されます。将来、フル代表の10番を背負っているかもしれない選手です。

そして加部未蘭(山梨学院大学附属)。
今大会は怪我の影響で、交代要員でした。しかしトップフォームなら間違いなく、活躍していたと思います。187僉という長身が武器。それでも結構スピードがあって、足元も上手いです。懐が深いため、ボールを呼び込む事が出来ます。彼に当てて起点を作ってもらうという戦術も採れるのではないでしょうか?ヘディングが上手いか?は解りませんでした(そういう状況が無かった為・・)。彼はU-18代表の経験があり、大事に育てたい大型FWだと思います。もう1年ありますから、どれだけ伸びるか??FWとして大成してほしいですねぇ(CBにコンバートされない事を祈ります)。

[サッカーショップ加茂]第88回全国高校サッカー選手権大会グッズ

(第88回高校サッカー選手権関連グッズはバナーをクリック!)

スポンサーサイト
- | 17:35 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。