あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
私的日本代表23人考−現実的な選択−
JUGEMテーマ:日本代表

【ど素人の日本代表コラム】
日本代表の岡田監督が選出する「代表メンバー23人」を前に(5月10日14時発表予定)、私なりの「23人」を考えてみました。今までJリーグを中心に、代表スカウティングを当ブログで執筆してきました。その内容と異なるのでは?矛盾しているのでは?と、思える内容になっているかもしれません(苦笑)。しかし、現実性を重視(オレはこんなマイナーな選手を知ってるんだ!ってーのは感じ悪い)し、選手のコンディション、パフォーマンスを考慮すると、こうなるかな?という、、。以下のメンバー表は姉妹ブログ「選ばれし青の戦士たち」から抜粋です。

GK:1楢崎正剛(名古屋)、12川島永嗣(川崎)、23西川周作(広島)
DF:22中澤佑二(横浜FM)、4田中マルクス闘莉王(名古屋)、3駒野友一(磐田)、2阿部勇樹(浦和)、15今野泰幸(F東京)、5長友佑都(F東京)、6内田篤人(鹿島)
MF:10中村俊輔(横浜FM)、20稲本潤一(川崎)、7遠藤保仁(G大阪)、14中村憲剛(川崎)、8松井大輔(グルノーブル)、21石川直宏(F東京)、17長谷部誠(ヴォルフスブルク)、18本田圭佑(CSKAモスクワ)、16香川真司(C大阪)
FW:11佐藤寿人(広島)、13平山相太(F東京)、9岡崎慎司(清水)、19森本貴幸(カターニャ)

以下にフォーメーション(あえてポジションに複数の選手)を書きました。
()無し選手がスタメン候補です。

         森本
        (岡崎)
        (平山)

 松井      本田      俊輔
(香川)    (憲剛)    (石川)
(岡崎)    (佐藤)    (遠藤)


      遠藤   長谷部
     (憲剛)  (稲本)
     (阿部)  (今野)


 長友   闘莉王  中澤    内田
(駒野) (今野) (阿部)  (駒野)
(今野)      (稲本)  (長谷部)

         楢崎
        (川島)
        (西川)


<ポイント>

1)センターバッグの控えに専門の選手を置かなかったのは、今野、阿部の方が多くの経験を積んでおり、23人以外のバックアッパーに岩政、槙野あたりを入れれば問題ないと考えました。緊急避難的に稲本もCBに入れるよう、練習しておいて欲しいです。

2)サイドバックの控えに駒野しか選ばなかったのは、今野や長谷部(場合によっては阿部)も入れる準備をすればいい(言い換えればすべき)と考えたからです。正直、内田が相手攻撃陣を抑え込むのは不可能だと考えています。しかし誰だったら完封できるの?と考えた時、誰もいないとの結論に達しました。そう1対1を作られたら、アウトなのです。ですから俊輔と内田で挟み込み、長谷部が更に・・という方法以外無いな・・と。そのためには、今まで作り上げてきた連携をベースにするのが手っ取り早いです。

3)中盤は誰が考えても、ほとんど似たような選出になると思います(よほど夢想家で無い限り-笑-)。しかしセカンドトップの所で、田中達也(浦和)を入れるか?迷いました。具体的には佐藤と悩んだのです。私は佐藤の得点嗅覚に掛けてみたいと感じました。守備での貢献、ドリブル力を考えれば達也ですが、ドリブラーは他にも多く選んでいます。また、俊輔が入った場合の実質フォーメーションは、4-3-2-1になると考えています。

4)最も頭を悩ませたのがFW。玉田(名古屋)、大久保(神戸)という実績のある選手を外したのは、コンディション不良とともに、得点感覚が乏しい為です。ワントップを採用した場合、彼等はサイドのMFに回るでしょうが、そこにはもっと面白い選手(香川、石川)がいます。森本を軸と考えました。カターニャで控えとはいえ、欧州でプレーするDFと対峙可能な選手のファーストチョイスは彼だろうと思います。前田(磐田)はJのトップスコアラー、2トップでなら岡崎や森本と並べて使えるかな?と思いましたが、本田を使う為、外しました。

5)どうしても考えざるを得ないのが、ビハインドで終盤を迎える展開。引いて守備ブロックを形成する相手にカウンターは効きません。高さで対抗出来るであろう唯一の存在、平山を入れておきたいと考えました。また、ジョーカーとしては石川のドリブル、佐藤のオフザボールの動きを買いました。ファウルをもらい、セットプレーというのは、あくまで結果論です。最初から、そればかり狙うのは(戦術的に)小賢しいと考えます。

6)最後に俊輔と遠藤について。彼等のコンディションは決して良好ではなく、小笠原や小野をと考える人がいると思います。しかし、ドイツW杯以降、彼等が中心になって代表は構成されてきました。スタメンである必然性は感じませんが、居ないと(恐らく)ゲームは作れません。この4年間、代表を応援してきて、(骨折とかなら仕方有りませんが)彼等抜きの日本で、南アを闘うのだとすれば、そして負けるのなら、あまりに悲しすぎます。

【ShopLue.net】日本代表2010(ホーム)(アウェイ)南アフリカワールドカップ着用モデル(レプリカ・オーセンティックユニフォーム)販売中!

スポンサーサイト
- | 12:59 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://about-soccer.jugem.jp/trackback/2343