あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
ACLラウンド16「城南vsG大阪」、、終盤崩れて大敗。
JUGEMテーマ:Jリーグ

【ど素人の日本代表コラム】
ACLラウンド16「城南一和vsガンバ大阪」をTV観戦(3-0)。
一発勝負のラウンド16は、グループ1位のホームで行われ、G組2位のガンバ大阪は、E組1位の城南に乗り込み試合を行いました。絶対的にホームチームが有利なのですが、ガンバは「アウェイでも負けない」というジンクスがあるようで、期待していました。しかし、ジャッジばかりはしょうがないですねぇ(苦笑)。

試合は両者の思惑が、それなりに反映した展開だったと思います。
ガンバは、中盤でパスを繋ぎ、ポゼッションを高めて主導権を握るチーム。城南は、ガンバ対策だったのか?解りませんが、縦に速いカウンターサッカーの様に見えました。恐らくゲームプランとして、そのような狙いがあったのでしょう。

ガンバは、最近多く採用している3-5-2システム。一般的には4バックよりも、守備的といわれるシステムです。ただWB裏のスペースを狙われやすく、ストッパー人がスライドして対応すると、逆サイドが空いてしまうんですよね。さすが城南は、3バックの弱点を突いてきました。それで西野監督は、後半初めから、WB裏のスペースを消す事、前線にストライカーを置く事、2つの目的を持って4-2-3-1システムに変更しました(と思います)。

前半もそうでしたが、後半も立ち上がりはガンバが主導権を握り、城南のゴールを脅かしました。特に宇佐美のドリブル突破は、素晴らしい!キレがあって、相手守備陣は、容易に飛び込めなかったのだと思います。ゴール前で不用意にファウルを犯すとFKが待っていますからね。遠藤のキックは、研究されていたかな?しかし、序盤だけなんですよねぇ、、。時間が経つに連れて、単にボールを持たされているだけの状態になる。やはり決めるべきところは、しっかり決めないと、やられます(苦笑)。

一本のロングボールで(SBに下がっていた)安田の裏を取られました。センターバック2人がスライドした関係で、逆サイドのケアは明神が遅れて入ったみたいです(加地も戻れず・・)。ボールをクリアした様に画面では見えましたが、レフェリーの判定はPA内でのファウル。城南にPKが与えられました。これを決められ失点。サッカーというのは、こういう展開が多いですよね。失点した時間帯から、城南のプレスが厳しくなりました。そして立て続けに失点、、。ガンバに覆す力は残っておらず、ACLは終戦となりました。

さて、日本代表に選出された遠藤保仁。一時の絶不調に比べれば良くなっていると感じました。ただ、中盤でボールを捌くだけなんですよね。(正確な数字は解りませんが、印象として)9割以上は、人を使うプレーでした。使われるプレーが無い。守備は相変わらず緩いですから、中途半端なイメージが強いのです。そして宇佐美貴史。彼をサポートメンバーで南アフリカに連れて行ってもらえないかな?と、本気で思いました。ここ2ヶ月で、急激に成長しています。試合には出られずとも、何かを掴んで帰ってきてくれれば(2014年にむけて)、いいかな?と。

ガンバ大阪、、この大敗を引きずらなければいいのですが、、。代表ブレーク前の第12節は、昇格組の湘南戦です。楽な相手と思っていたら、足元すくわれますよ!!

【ShopLue.net】ガンバ大阪2010(ホーム)(アウェイ)(ACL)レプリカユニフォーム販売中!

スポンサーサイト
- | 16:49 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。