あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
ACLラウンド16「鹿島vs浦項」、、壁厚し。
JUGEMテーマ:Jリーグ

【ど素人の日本代表コラム】
ACLラウンド16「鹿島アントラーズvs浦項スティーラーズ」をTV観戦(0-1)。
グループリーグを全勝で勝ち抜けた鹿島は、ホームに前年王者の浦項を迎え闘いました。今までベスト8の壁に、ことごとく弾き返されてきた鹿島。是が非でも勝って嫌なジンクス?から解き放たれたいところでした。ホームで強い鹿島だから、、私は、そんな期待をしていました。

しかし、ホームというのは、あまり関係無いかもしれないですね(苦笑)。
「内弁慶」と言われる鹿島ですが、この試合では、攻撃陣が沈黙してしまいました。中盤では割合いパスが通り、鹿島ペースかな?と感じる時間帯もありました。しかし、ペナルティエリア内には、ほとんど入れさせてもらえませんでしたね。チャンスはセットプレー以外に有りませんでした、、。

中盤でのプレスは、それほど厳しくなかったと思いますが、浦項の守備ブロックは素晴らしかったです。まぁあちらサイドから見れば、アウェイですから、自ずと守備を強く・・という戦術になったのでしょう。それに浦項のDFは、ほとんどW杯の代表選手ですからね。難しいものがありました。PA外からのシュートを入れられるほど、鹿島の選手にシュート力はありません(溜息)。

失点シーンは、鹿島DFのミスが連続して・・の結果です。
相手スローインから、ドリブルで崩され、岩政、イ・ジョンスの両CBが釣り出されてしまいました。カバーに入った内田ですが、ちょっと遅れてしまった印象です。連携ミスといっていいかと思います。それに、ちょっとした集中力の欠如でしょうか?

ただ1失点は致し方ない。問題は、攻撃陣のアイデア不足と、決定力不足にあったと思います。中盤で繋ぎサイドからクロスを挙げるわけですが、簡単に弾き返されました。そしてセカンドボールも、ほぼ奪われていました。後一歩が遅いんですね。興梠のスピードも、スペースが無ければ意味がありません。彼が代表23人枠から落ちたのは、この辺なのかな?と感じました。メッシの様に?自力で突破出来るドリブル力は無いですからねぇ(当たり前か・・-笑-)。要するに攻撃が単調なんですね・・。工夫が必要でした。

オリヴェイラ監督は遠藤、大迫と、攻撃的な選手を投入し、得点を奪いに行きました。が、相手守備ブロックを崩すには至らず(最後はCBのふたりも前線に上がりパワープレーをしましたが、、)。これで鹿島のACLは、終戦です。Jリーグ勢は全て姿を消すことになりました。逆に韓国Kリーグ勢は、4チーム全てベスト8入り。ちょっと、いやかなり悔しいです。この時期にACLへの興味が無くなってしまうのは・・・。

代表の日韓戦(W杯壮行試合)で勝って、モヤモヤ感を吹き飛ばしたいですね、、。

【ShopLue.net】鹿島アントラーズ2010(ホーム)(アウェイ)(ACL)レプリカユニフォーム販売中!

スポンサーサイト
- | 05:47 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。