あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
自己陶酔、過大評価。
JUGEMテーマ:サッカー

【ど素人の日本代表コラム】
あるブロガーが、自身のブログで、更新を休止すると宣言した。
彼の書く記事は、賛同出来る部分があり(全部を肯定できないが)、私も更新を楽しみにしていた。しかし、実生活を犠牲にしてまで、単なる趣味でしかないサッカー記事を執筆し、コメント対応すべきなのか?、、と、少々、危うさを感じていた。従って、今回の休止宣言を、「やはりそうか・・」という冷めた目で受け止めた。

以前、私は、メルマガを執筆していた。
その時、読者から様々な攻撃を受けた。「氏ね」とまで某BBSに書かれた事がある。パニック障害を煩っている私は、鬱病まで併発してしまった・・。そして、メルマガ執筆を止めた。代わりにサイトを立ち上げた。過日、更新を停止した「ど素人の日本代表コラム」だ。私は選手採点コラムを書き始めた。2003年のことだった。

月日は経ち、いつの間にか、「日本代表 選手採点」で検索すると、結構(かなり?)上位に表示されるようになった。代表戦の翌日は、多くの方が来訪して下さるようになった。中には、報道関係者と思われる方(IPアドレスから解る)。そして仕事中と思われる「キャリア組公務員」のアクセスも・・。

いまだから言える。わたしは「自己陶酔」していた、、と。
「自分の採点は、誰かの指標になっている。」「体力的(時間的)にきつくとも、これは使命かもしれない。」、まったく、トンチンカンな事を考えていたものだ(苦笑)。誰も期待などしていない(1000人程度はいたかもしれないが、ネット人口からすれば、たかが知れている)のに、身を削る思いで続けた。、、そんな自分に酔っていたのだ。

その証拠が、「更新停止発言」そのものだった。

個人のサイトなど、更新するもしないも自由だ。それでも、「もう更新しない」と、大々的に?宣言しないと、止められない。自分を過大評価していたのだ(どんな反応が返ってくるか?期待して・・)。もしかすると今回の彼も、そうじゃないか?と感じた。ブログ(サイト)を削除するなら、読者の為にも書いた方がいい。その方が親切だろう。しかし、一旦休止するだけなら、「宣言」など不要だ。ただ、記事を書かなければいい。それだけだ・・。

気が付くだろうか?彼は「自己陶酔」し、自身を「過大評価」していた事に。わたしは彼の記事が好きだった。しかし、彼の姿勢(立ち位置と読者対応)は、最後まで好きになれなかった。
スポンサーサイト
- | 06:23 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。