あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
サッカー部の彼へ、病気に負けないで!!
JUGEMテーマ:サッカー

【ど素人の日本代表コラム】
8/16午前9時過ぎ、お盆休みで、ゆったり過していた中、救急車が近所で止まった。田舎で救急車と言えば、だいたいが、80歳以上のお年寄り、、。この時期なら「熱中症」かな?と思っていた。ところが、

聞こえてきた話では、中学1年(12歳)のサッカー部員であることが解った。熱中症ではなく、トイレで倒れている所を、帰省していた親戚に見つけられたらしい。親御さんは、お盆休みの無い仕事に就いているため、在宅ではなかった。

発見された時、意識不明で口から泡を吹いていたそうだ。休日当番医に運ばれるも、「うちでは無理」との事で、40キロ離れた大学病院に搬送された。ここで「水頭症」という病気であることが解ったらしい。一時は、「脳腫瘍」という噂もあったが、、解らない。脳腫瘍が原因で髄液が詰まり、「水頭症」になったのかもしれない。

カテーテルを入れて、脳内から髄液をお腹に流す(詳しくは解らない)手術をするらしい。しかし、原因疾患が「脳腫瘍」であれば、それを摘出しなければならない。危険な手術なんだろうか?ネットで調べれば、ある程度は解るだろう。でも、そういう気にはなれない。調べたところで何になる??彼をよく知っているわたしは、正直、動揺している。親御さんは、更に混乱しているだろう。

この話は、うちの子ども達には伝えていない。外部から色々聞こえてくるだろうが、聞かれたら話そうと思っている。今回、病魔に倒れた彼は、うちの子ども達と、同じ小学校に通い、よくサッカーをして遊んだ仲。その子は、スポ少でサッカーをやっていた。いまは中学校のサッカー部に所属している。

またサッカーが出来るようになるんだろうか?いや、それより命をつなぎ止める事は出来るのだろうか?部員の中でも、1.2を争うテクニシャン。スタミナもあって、1年生からレギュラーの座を掴むところだった。9月には新人戦がある、、。当然、間に合わないが、、。とにかく今は、手術が成功し、うちに帰ってきてくれることを祈る。それしか言葉がみつからない。

スポンサーサイト
- | 07:31 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。