あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
天皇杯で1年が始まる。
JUGEMテーマ:Jリーグ

【ど素人の日本代表コラム】
2011年、元日の国立決戦は「鹿島vs清水」だった。
準々決勝からTV観戦を続けたが、私の場合、クラブサポの見方とは大きく違う。天皇杯を楽しむというより、アジア杯代表選手のパフォーマンスを観ていた。それにしても、敗れた段階で代表合宿に参加する・・というスケジュールって、どうなんだろ?と思う。選手は、気持ちの切り替えをするだろうが、疲労度的には「?」マーク。

で、決勝戦の印象だが、流石は鹿島というより、清水の自滅という感じ?
準決勝のG大阪戦でみせた、素晴らしい中盤構成力(プレッシングが速く、ゴールへの推進力も見事)が全くみられず、、。鹿島に潰されたのもあるが、国立の雰囲気に圧倒されてしまったような・・感じを受けた。長谷川監督、「有終の美」とはならなかった。

鹿島もマルキーニョス、ジウトンが帰国。岩政が負傷ということで、ベストメンバーでは無かった。しかし、それでも何とかチームを作り上げるオリヴェイラ監督の「したたかさ」を感じた。まぁ、セットプレー2本だけなんだけれど、、(苦笑)。選手にACL出場権獲得という強いモチベーションがあった。(それは清水も同じはずなんだが、、)

試合としては、まぁまぁのレベル。面白くない!と、切り捨てるほどでもなく。かといって、素晴らしい試合を有り難う!と称賛するレベルでも無かった。鹿島先制、清水追い付く、鹿島が決勝点、、。展開としては、面白かったが、、。選手個々のレベルからすると、緊張と、疲れと、それから、なんだろ?(笑)、、。

具体的にどう、、というのではなく勝ってしまうのが鹿島の強さ。まぁ、野沢が上手く清水の守備をかわしていたな・・という印象。清水の4-3-3(あるいは4-1-4-1)では、野沢を捕まえきれない、、そんな感じだった。それから、本山が投入されるとスイッチが入る・・のかな?

何はともあれ、鹿島アントラーズの関係者皆様、優勝、おめでとうございます!

【ShopLue.net】鹿島アントラーズ2010ユニフォーム販売中!
【ShopLue.net】清水エスパルス2010ユニフォーム販売中!

スポンサーサイト
- | 16:43 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。