あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
槙野智章のケルン移籍が正式決定。
JUGEMテーマ:欧州サッカー

【ど素人の日本代表コラム】
ドイツブンデスリーガのケルンに移籍した日本代表DF槙野智章(23歳)が、現地でメディカルチェックを受け、契約書にサイン、移籍手続きを完了した。(広島との)契約満了による移籍の為、違約金は発生しない。契約期間は2013年6月まで、背番号は未定。センターバックとして欧州4大リーグに挑戦する、初めての日本人となった。

欧州主要リーグという枠組みなら、日本代表DF吉田麻也がオランダ1部VVVに所属する。しかし、レギュラー獲得には至っていない。過去に中田浩二(鹿島)が、フランス1部マルセイユでプレーしているが、期間的に短かった。

(現代サッカーで)欧州主要リーグで、長く活躍したセンターバックは、まだいない。
槙野智章がパイオニアとなれるか?注目される。クラブwebサイトのインタビューに、彼は「プレーの特長は1対1の強さ」とドイツ語で答え、「自分のプレースタイルはブンデスリーガに合うと思う」と語っている。

ただ、自分の持っている感覚と、周囲の評価は必ずしも一致しない。私的には、それほど1対1に強いタイプという印象は持っていない。(高さを含め)球際に厳しいが、かわされるケースが多々ある(苦笑)。むしろ、タイミングのいい攻撃参加のイメージが強く、そう言った意味では、サイドバックの方が合っているのでは?と考える。

彼は、U-20代表時代に、日本代表MF柏木陽介(当時広島→浦和)らとともに「調子のり世代」と呼ばれ、物怖じしない性格と明るさでチームを牽引した。「調和」を保つキャプテンシーを持ち、自己主張も出来る。人間性としては、海外向けの選手と言えよう。しかし、センターバックのレギュラーとして定着するには、危機察知力と堅実さが求められる。彼の特徴である、攻撃参加は、封印すべきかも知れない。

ただでさえ難しい冬の移籍(メンバーが既に固まっている)。しかも、アジア杯の為、チームへの合流が遅れる。1年目から「活躍」を期待するのは、「酷な話」だろう。せめて、日本代表の試合に出場し、ポテンシャルの高さを首脳陣にアピールしたいところだ。

【ShopLue.net】槙野智章所属ケルン2010/11レプリカユニフォーム販売中!
【ShopLue.net】日本代表2011(ホーム)(アウェイ)ユニフォーム・アジア杯仕様(20槙野智章)マーキングに対応可能!

スポンサーサイト
- | 14:20 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。