あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
アジア杯初戦、ヨルダン相手に苦戦!ドロー。
JUGEMテーマ:日本代表

【ど素人の日本代表コラム】
アジア杯2011グループリーグ初戦。日本の相手はFIFAランクで格下のヨルダン。楽勝でゴールラッシュと思っていた方も多いのでは?。私的には、やはりな・・という印象。日本は格上相手に善戦するが、格下相手にもギリギリの試合をしちゃう(苦笑)。これって優勝した2004年大会でも同様だったので、驚きはない。

ドン引きで、スペースがない状態ってーのは、前線の選手にとって厳しい。中盤の遠藤あたりも、縦パス入れるのに苦労していたし・・。長谷部は相変わらずイージーなミスをしながらも、縦への推進力とミドルシュートで、なんとか打開しようとしていた。まぁ遠藤の低いパフォーマンスは疲労故か、年齢的な衰えなのか?判断は難しいが・・。

守備陣はそこそこやれていたと思う。
今野は無難なプレーをみせていたし、吉田も精度の高いフィードや、足元のプレーは及第点を付けられる。ザック監督にオウンゴールと言われたプレーは、むしろ遠藤の守備に問題があったと私は考える、、。まぁ、もう少し早くシュートブロックに入っていればとは思うが・・。パワープレーの高さは、今後に期待出来る。

前線のコンビネーションは、最悪に近かった。
ぶっつけ本番と言っても、それぞれにスキルの高い選手たち。ゲーム中に修正できると思っていたが、(前半の)2列目の連中は酷かった。本田は、CSKAモスクワでの不調を、そのまま代表に持ち込んだのか?と思うほど。いや、あのチームで不完全燃焼なので、代表では!という気持ちが強かったのか?オレがオレがという、悪いときの本田に戻っていた。松井にも、その傾向があり、ボールを持ちすぎていた。

前田は前半で替えられたが、彼が悪いという訳ではなかったと思う。元々、1トップに特性の有る選手ではないが、本田のワンマンプレーの犠牲になった感が強い。李に替わっても、トップ下が本田であった時点では、何も変わらなかった。香川が中に入って、すこし良くなった印象。スペースの無い中でも、仕事が出来る香川は、貴重な選手だ。2戦目以降、本田とのポジションチェンジがあるかも?、、いや、是非ともそう願いたい。

スタメン11人中8人が海外(欧州)でプレーする選手達。
期待度は高かったはず、、。それでも、こういう結果(ギリギリ。ドローに持ち込んだ)に終わった。要は、チームになっていなかったという事か?ずっと同じリズムで攻め続ける・・。縦に速いサッカーは結構だが、連動の無い個人技だけでは、潰されて当然!こういっちゃ批判されるかもしれないが、中村俊輔がいたら、、と、思ってしまった。

何故、中央突破に拘るのか?同じサイドばかり使うのか(相手守備陣を動かす様な大きなサイドチェンジをしないのか)?何故、サイド攻撃は、PAラインから遠く離れたところからのクロスしか無いのか?選手が自分たちで話し合い、(気が付き)シリア戦に活かして欲しいが、無理かも知れない。今のままでは「烏合の衆」だ。皆、個人技に走りすぎている。

ヨルダン戦、負けなかった、勝ち点「1」を取れた。唯一の救いだと思う。

【ShopLue.net】日本代表2010/11(ホーム)(アウェイ)ユニフォーム、アジア杯バッジ付きモデル(アジア杯ネームナンバーマーキング対応!)販売中!

スポンサーサイト
- | 14:12 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://about-soccer.jugem.jp/trackback/2537