あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
長友佑都が電撃移籍!王者インテルへ!!
JUGEMテーマ:欧州サッカー

【ど素人の日本代表コラム】
リーグ5連覇中のインテルへ電撃移籍!
日本代表DF長友佑都(24歳)が、2011年1月31日(移籍期限ギリギリ)にチェゼーナからインテルに期限付き移籍する事が決定した。一部報道によれば、移籍金は600万ユーロ(約6億7千万円)。チェゼーナは、(FC東京に対し)1月末に完全移籍のオプションを行使していた模様。長友の身体能力(持久力)、質の高いプレーがインテル首脳陣の目にとまったのだろう。

彼がアジア杯で、MVP級のパフォーマンスをみせた事は、記憶に新しいところ。アジアレベルでは敵なし!を印象づけた。もしかしたら、アジア杯での圧倒的なプレーが、インテル首脳陣の背中を押したのかもしれない。オーストラリア戦の決勝アシストは、それだけ価値の高いプレーだったと思う。

インテルは、欧州ビッグクラブのひとつ。09/10シーズンは、モウリーニョ監督を擁し、欧州チャンピオンズリーグを制覇。昨年12月に開催されたクラブW杯でも優勝し、世界一の称号を得た。しかし今季は不調で、ベニテス監督を解任。昨季、ACミランで指揮を執ったレオナルド監督を招聘し、巻き返しをはかっている(1/31現在4位)。

そんな中、同ポジションのDFサントンをチェゼーナに移籍させた。今季12試合に出場した次代のイタリア代表を担う選手を放出して、長友を迎入れたのだ。彼への期待の大きさが窺える。長友獲得は、更なる戦力アップを期待しての事だろう。インテルでレギュラーの座を確保出来れば、欧州ビッグクラブで成功した初の日本人になる。

しかし全てがトントン拍子で行きすぎている感じもする。
北京五輪予選で反町監督に見出されていなければ、オシムからA代表を引き継いだ岡田監督に使われなければ、その後の活躍は無かったかもしれない。勿論、彼自身がつかみ取った「イマ」ではあるが、数々の幸運に恵まれたのも事実だ。そういう意味で、「底」を知らないという「怖さ」はある。躓いたとき(例えば怪我、、)大丈夫だろうか?

まぁ、彼の場合、メンタル面も問題ない気がするので、、やってくれるだろう。当ブログで、(昨夏移籍した選手の中で)最も成功する確率の高い選手として彼を挙げた。しかし、こんなに早く・・とは想像出来なかった。

【ShopLue.net】長友佑都(インテル・チェゼーナ)2010/11ユニフォーム販売中!




(ゲット出来る最後のチャンスかもしれません!)

スポンサーサイト
- | 20:18 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。