あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
U-22代表、クウェート控え組に完敗!
JUGEMテーマ:日本代表

【ど素人の日本代表コラム】
サウジアラビアにドタキャンされ、どうなるか?と思われたU-22日本代表(以下関塚ジャパン)の中東遠征。ウズベキスタンとの親善試合が無くなったクウェート代表と戦えることとなり、ほっとしていたが、、。クウェートはA代表とは言いつつも、完全な控え組だったらしい。そして関塚ジャパンは、そんな相手(ろくにコンビネーションを合わせていない)に0-3と「大敗」を喫してしまった模様。

(→U-22日本代表中東遠征メンバー)

TV中継が無かった為、映像でプレーを観ることは出来ない。新聞報道や、サイトの文字情報(試合詳細が掲載される・・)でしか判断出来ないが、、負けるにしても、0-3は無いだろう?と思う。サイドを起点にしたカウンターで失点したらしく、「課題が浮き彫りになって良かった・・」などと書いているブロガーさんもいる。中には、「最高のタイミングで負けた」との表現を使う方も、、(苦笑)。

アジア大会で優勝したチームに、アジアの怖さを思い出させてくれた・・。というのが、大体の理由(言い分)だ。まぁ、一理あると言えば、そうだが。何にしても、内容が悪すぎれば、意味がない。どうやら、個人技で圧倒されての負けだったらしい。DFラインはズルズル下がってしまい、中盤は間延び、FW永井が孤立する。

勿論、負けて得る教訓はある。しかし、今回の負けは、分かり切っていた弱点を付かれてのもの。(中東が得意とする)カウンター攻撃にあった時、それをどう切り抜けて、得点を奪うか?中東遠征の(戦術的な)目的は、そこらへんにあったと考える。宇佐美など、新メンバーの融合も、大事な要素だったが、、んーーーー(悩)。

たかが1試合をクローズアップして語ることに、違和感はある。が、バーレーン戦で立て直せばよい、という問題では無い気がする。「個の弱さ」は、いくらコンビネーションを高めても、解消されないだろう。関塚ジャパン、今回、招集されたメンバーが、最強ではない。香川は勿論、金崎、大迫、米本、酒井ら、Jで活躍する選手がいない。しかしながら、守備の面子は、(村松がいないくらいで)ほぼベストなわけで、それで3失点というのは、、(溜息)。

選手の「入れ替え」や「怪我・体調不良」で「急造DFラインになってしまった」と、擁護する向きもある。が、能力の高い選手なら、同じ形で3失点はしないだろう。「個」の力が劣っていては、「コンビネーション」を高めても、たかが知れている。いまのままでは、ロンドン五輪に出場出来ても、無惨に散る可能性が高い。攻撃陣だけではなく、守備陣にも「個」の力は要求される。この世代のDF陣は、ここ10数年で、最も弱い印象を受ける。

【ShopLue.net】日本代表2011(ホーム)(アウェイ)ユニフォーム販売中!

スポンサーサイト
- | 10:31 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。