あばうと蹴球(Shoplue.netブログ版)

観戦日記、ニュース感想、ユニフォーム販売などサッカーについて色々のブログ。(2011.03以降はユニフォーム販売のみ)
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
SPONSORED LINKS
Campaign Sale
【サッカーショップ加茂】クリスマスプレゼントはこちら!
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | - | pookmark
ACL「G大阪vsメルボルン」5-1と快勝!
JUGEMテーマ:Jリーグ

【ど素人の日本代表コラム】
ガンバ大阪がホーム万博にメルボルン・ビクトリーを迎え闘った一戦。
前線からのプレスが効果的で、新戦力もフィットし5-1と快勝する事が出来た。西野監督は今季のチームに手応えを感じたに違いない。FWアドリアーノや、守備的MF武井が戦力として計算出来るのは大きい。

今季11番を背負い、プレーする宇佐美は、サイドに張るだけでなく、中央にカットインして攻撃にアクセントを加えていた。遠藤の調子がイマイチだったが、武井がそれをカバーし、前線の攻撃に上手く絡んでいた。DF陣では、ルーキーのキム・ジョンヤに目処が立った。中澤も控えており、怪我から高木が復帰すれば、選手層は厚くなる。

守備面での強化を課題に挙げていた監督も、概ね満足いく結果だったろう。前線からの守備が機能すれば、守備陣が楽にプレー出来る。そういった意味では、FW、攻撃的MFの選手、まずまずの出来だったのでは?と思う。

不安点を挙げれば、左サイドバク。下平が務めたが、攻守ともに中途半端な印象を受けた。フィテッセに移籍した安田より守備はできると思っていたが、時折、彼のサイドを突かれてピンチを招いた。ビルドアップは得意な選手だが、毒にも薬にもならない印象。ダブルボランチが、彼の守備を負担する事になるだろう。遠藤が、その役割を担う場合、かなり危険な印象を受ける。

何はともあれ、今季の開幕戦を勝利で飾れた(昨季はずっと勝てなかった)。
宇佐美など、若手が、伸び伸びプレーし、結果が付いてくれば、Jリーグでも、そこそこやれるのではないか?と思う。西野監督は、選手の使い方が上手く、新戦力となるプレーヤーに、チャンスを与える。いつまでも明神、山口、遠藤、二川に頼るわけにはいかない。世代交代がうまくいくか?今季のガンバは、そこにかかっているのではないか?

出場機会を求め若手が他チームに行き、戻ってこない・・。最近のガンバには多い。

【ShopLue.net】ガンバ大阪2011(ホーム)(アウェイ)(サード)ユニフォーム販売中!

スポンサーサイト
- | 12:52 | - | - | pookmark
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。